天使になったみつき〜TROIS−TREES!〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ***フラッシュバック**

<<   作成日時 : 2006/07/24 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今警察にいってきた。ずーと怖くてそのままにしていた、警察になくった子の事故の当日着ていた洋服を取りにいっていた。警察から検察庁へ、送致されるとき、もう遺留品はいらないから取りに来てくださいと言われててその日に私が体調不良でいけず・・・。ずーと今日までそのままにしていた。さっき勇気を出し、寄ってみた。担当の警察官もいて、呼び出すと、すぐに服の入った紙袋をさげでてきた。調書室に通され、「今日は?」といわれた。すべての感情を抑えて、「服を取りにきました。」といった。警察官には、加害者側の行政処分がきまりしだい知らせてくださいとお願いしていたのに、送検されたらもう終わりのような態度に、怒りがこみ上げてくる・・。処分もいつの間にか決まり、免停期間も始まっていた。警察官に文句を言っても始まらない。「服を取りにきました」といった瞬間、使い古された紙袋の中から差し押さえられていた服がでてきた。確かにあの日にあの子が着ていた洋服、私が選んで毎日着せていた・・・。病院に運ばれ、はさみで切られ、亡くなった後差し押さえられ、裸にさせられ病院から裸のままタオルに包まれつれて帰った・・・。唯一の遺品も今日やっと帰ってきた。サインして車に乗った瞬間涙があふれ出た。。。痛かっただろう。。死にたくなかっただろう。。くやしくてくやしくて・・・。あの日についた血だらけの洋服が物語っている。
 また事故の日の戻ってしまった。こうなることも分かっていたが、なかなか勇気がなくて。。。何度こんな苦しい思いをすればいいのだろう?・・・家に帰ると、加害者の奥さんが、玄関先を掃いていた。この洋服を見せてやりたい。どんな痛い思いをしてこの子がこの世を去ったのか・・・。投げつけてやろうかと思った。このままこの家に住むのはやはり辛すぎる。毎日毎日やり場のない悔しさがこみ上げてくる・・・・。
 あの子が最後に着ていた洋服はやはり捨てることはできない。御宮さんに相談してみよう!もうすぐ初盆がくる。。。あの子が帰ってきたような気がした。きっと待っていたのだろう。警察に置き去りは寂しかったよね。お母さんのところにやっと帰ってきたんだよね。







 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
***フラッシュバック** 天使になったみつき〜TROIS−TREES!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる